日帰りでも行けるスノーボード

スノーボードはゲレンデで滑るスポーツでもあるので、ゲレンデまでの行き帰りの時間を考えると日帰りではもったいないように感じてしまいます。

しかし、それは電車を利用して始発に乗って出発をし、終電までには帰ってくることを考えると現地で滑る時間も少なくなってしまいますが、一日の始まりは0時から24時間あることになります。つまり、24時間あればたっぷりとスノーボードを滑ることも可能なのです。

スノーボードバスツアーは、現地の宿に一泊するような宿泊プランでも利用ができますが、基本的には日帰りでの利用となります。バスの便や乗車場所によっては0時出発とはならず、早ければ前日の22時頃の出発であるケースもあります。それでも、仕事が終わった後でも十分間に合うような遅めの出発なので安心です。

スノーボードバスツアーでは、バスに乗車したら高速道路に入った頃に消灯となります。カーテンが閉められるので他の車のライトや外灯でまぶしい思いをすることもなく、車内の電気も非常灯以外は消されるのでゆっくりと朝まで眠れます。早朝にはゲレンデに到着をして滑り始め、夕方には現地を出発して戻ってくることになります。

帰りには消灯とはなりませんが、ここで仮眠をしておけば次の日にも滑り疲れを残すことがありません。日帰りでもたっぷりと楽しむことができるスノーボードバスツアーは、連休が取れなくても行けることにプラスして、リーズナブルな価格も魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *