ボードの日帰りを楽しむ時のポイント

日帰りでスノーボードに出掛ける人は多いかと思われますが、日帰りはその日にゲレンデに出掛けて、その日の内に帰宅する事です。

往復の時間を考えた場合、スノーボードを楽しむ時間は数時間程度しかない、これでは疲れに行くようなものと諦めている人も多いのではないでしょうか。マイカーを利用すればガソリン代や高速代など頭割りにする事で経済的ですが、渋滞した時の時間ロス、運転をしなければならないなど1泊ならともかく、日帰りでは利用したくないと感じる人も多いと言えましょう。

高速バスの場合は運転が要らない、高速代や燃料費は料金に含まれているため、経済的な部分についてはマイカー利用と同じですし、渋滞した場合にはゲレンデに到着する時間も短くなるため、スノーボードを楽しむ時間も短くなってしまいます。近場を選べばゲレンデでの滞在時間が長くなりますし、交通手段を考えればさらに滞在時間は長くなります。

東北や北陸、上信越へのアクセスに便利なのが新幹線です。東京から長野までは車を使った場合は約3時間、新幹線を使えば半分の約1時間30分で移動が出来ます。往復の時間を考えれば新幹線を使えば3時間余計に滞在出来る計算になるわけです。

都心に近い場所にもゲレンデはあるので、新幹線を使える場所を選んでおけば日帰りでスノーボードを思い切り楽しめるメリットに繋がって来ます。ちなみに、道具やウェアなどレンタルを利用すれば手ぶらの日帰りでスノーボードも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *