山小屋宿泊をする尾瀬トレッキング

尾瀬国立公園は、1泊2日・2泊3日で訪問するトレッキングを行えば多くのエリアを巡る事が出来るので、時間面・体力面に余裕のある場合は、旅行会社が提供している山小屋宿泊プランを活用するのがおすすめです。

山小屋宿泊プランはツアー申込時に予約する事が可能で、予約はシーズンが始まる前から出来ますが、年によっては残雪状況によって開山日程が前後する事もあるので、開山時期に利用する際は宿泊直前に確実に利用できるかの確認を行っておきましょう。尾瀬宿泊のマナーとしては、一般的な生活スタイルよりも早寝早起き・入浴はシャンプーや石鹸による生活排水を流さない・大きな音を出さないようにするといった点には特に注意して過ごす必要があります。見知らぬ人同士の相部屋利用は、就寝時間・起床時間が異なって来ますので、安眠したい場合は睡眠グッズを持参する事を忘れないで下さい。

山小屋には友人同士が利用できるグループ部屋などの設定もあり、それらを活用すればあまり気を遣わずに過ごせるメリットもあります。なお、尾瀬に行くにはバスツアーが最適となっており、関東から向かう場合は鳩待峠・大清水から入山するのがおすすめで、早朝から歩き始めたい場合は日付が変わる前のツアーを選択すると良いでしょう。初心者でトレッキングのスケジュール設定が苦手な場合や体力に不安がある方は、尾瀬の環境を熟知しているガイド付きもある事から、安心して楽しみたい場合は利用してみて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *