尾瀬で宿泊する場合の注意点とは

尾瀬は初心者でもハイキングが楽しめる場所として日帰りの人も多いですが、やはり尾瀬の山小屋に宿泊してみたいと思う人もいることでしょう。

尾瀬は山というイメージが少ないため、山小屋という気がしないという人もいるかもしれませんが、宿泊する場所はれっきとした山小屋となります。山小屋ではありますが尾瀬の場合には完全予約制です。そのため当日になって宿泊したいというのは無理なことで、必ず事前に電話かメールで予約をする必要があります。基本的には同じグループであれば同じ部屋にしてもらうことができますが、繁忙期には一人で宿泊する場合には相部屋になる可能性もあるでしょう。そして当然のことながら夜も朝も早く、午後9時には全館一斉に消灯となります。

廊下に小さな電気はついていますが、部屋は一斉に真っ暗となるので、もしもトイレに行く場合にはヘッドライトなどを持っていく必要があります。5時起床で点灯となり、朝ごはんは宿によって異なりますが5時半から6時ごろです。次の行程があるためにほとんどの人が7時には出発し、山に登りたいという人は朝ごはんもたべずに出発する人も見られます。事前に早く出発することを伝えておけば、おにぎりなどを用意してくれることもあるので、予約の際に聞いてみると良いでしょう。近年ではお風呂がある山小屋もありますが、当然のことながら尾瀬の自然を汚してしまうためせっけんやシャンプーの使用はできません。同じように歯磨き粉も使えないので、歯ブラシと水で歯を磨くようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *