1泊2日で沖縄を満喫するコツ

1泊2日で沖縄旅行にいくのは時間的に無理、と思いがちですが、観光する場所を事前にリストアップしたり、お店などの開店時間を把握しておくことと、移動の飛行機を早朝便と夜便で組み合わせれば十分満喫することが可能です。

ただし、遅くても朝10時には沖縄に到着していることがポイントで、関東近郊から出かける場合は羽田空港を早朝6時台に出発する4便、関西近郊からは伊丹空港と関西空港から7時台に出発する1便に乗る必要があります。

那覇空港到着後は空港前にあるレンタカー会社で車を借りることで、1泊2日の限られた時間を有効に使うことができます。

那覇から名護市の手前までは沖縄自動車道が通じているため、那覇から最も離れている国頭村の辺戸岬までも2時間程度で行くことができます。そのため、希望する観光地の中で最も遠い所へ直行し、宿泊先に戻りながら観光していくのが良いでしょう。

縦に長い沖縄県はどこからでも海に近いので、本州の海とは全く違う透き通った海を眺めるだけでも南国ムードを味わうことができます。道沿いには眺望スポットが点在しているので、寄り道していくのも旅行ならではです。

帰りの飛行機は翌日の都合に合わせて、なるべく遅い便にすることが大切です。羽田空港行きの最終便は20時台、伊丹空港は18時台、関西空港は20時台が最終便となっていますので、1泊2日でも30時間前後は滞在することが可能です。

事前のスケジューリングをしっかり立てて、1泊2日でも南国沖縄を存分に堪能してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *