婚活バスツアーに持っていく物

最近は婚活の一環としてバスツアーが実施されています。

婚活バスツアーに参加する時のマナーは、基本的にバスの中での迷惑行為をしないことですが、異性に気に入られるためには、持ち物をしっかり確認することが大切です。

まず欠かせないのが酔い止め薬です。異性と話をする最大のチャンスは、バスの中です。

移動中は隣の席の人と話しをするくらいしか時間を活用できないので、ツアーにはプロフィールカードの交換などを行っています。

その時に車酔いをしていると、異性に悪い印象を与えます。薬によって利き始めるまでの時間が異なりますが、気分が悪くなって飲んでもすぐに効果が出るタイプを用意します。

自分は事前に飲むタイプの酔い止め薬を服用しておき、他の参加者が車酔いをして気持ち悪そうにしているところに、薬を渡すと気遣いのできる様子を多くの人にアピールできます。また車内はエアコンを付けることが多いので、乾燥しています。

異性を交流することで緊張すれば、さらに喉が渇くため飲み物やのど飴を持参します。飲み物はバスが揺れてもこぼれないように、蓋付きのペットボトルにします。

のど飴はいくつかの種類を持って、隣の異性に渡すなどで話し始めるきっかけを作れます。

女性はほとんどの人が持ち歩きますが、男性もハンカチやティッシュは必要です。

偶然であっても汚れた手で異性に触れてしまうと嫌われてしまいます。手が汚れてもハンカチをスマートに取り出しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *