スノボのレンタルと飛行機の輸送サービスについて

スキー場などにおいて、スノボをするための道具を借りるときにはr寝足るサービスを使うことになります。

話は変わって、スキー場に行くまでに飛行機を利用して訪れるという手法が存在しています。このとき、両者には共通点がありそれは形のないものを提供しているということです。スノボのレンタルにおいては、貸し出しを行っている相手から化してもらうということになります。すなわち、購入するのではなく借りるというサービスの利用となり目に見えないということになります。

そして、飛行機については目的地までの移動を果たすための手段を使うということになります。このときに、目的を果たすために必要な資金を決済するということになります。お金を支払うことによって、目的地までの移動を担ってもらうのです。つまり、形が存在するものを購入するということとは別のものになるのです。これらのことから、スノボのレンタルと飛行機の輸送サービスの類似点は次のようになっていきます。それは、サービスの提供者が形がないものに対して値段を設定して供給しているということです。

しかし、両者のサービスの提供はビジネスとして成立している上に需要があります。すなわち、形が存在しなくてもサービスというスタイルで仕事ができることを意味しています。スノボ貸し出しサービス提供者と航空会社は、有形物を使って無形物を供給しています。つまり、有形物は無形物を提供するための手段として機能するということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *